So-net無料ブログ作成

Android Studioでアプリ作りの設定をしてみた [FUJIFILM XC16-50mm OIS]

greentree.jpg

前から気になっていたスマホのアプリ開発。
今年からメインパソコンがWindows10にもなり開発環境も色々進化しているようなので、
この休みに開発環境をインストールし「Hello World!」を表示させるまで進めてみる。
簡単に進むかと思いきや色々トラブルがあったのでメモ。

■環境
PCはhpのProDesk 600 G2、OSはWindows10 64bit。

■開発環境インストール
参考にしたサイトはこちら
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1709/04/news015.html
古い記事だがする事はほぼ同じなので参考にしながら進める。
無事インストール完了

■Hello World!までの道
Andorid Studioを起動して上の再生ボタンを押して仮想デバイスを選択して進んでも次のエラーが表示される。

Emulator: Process finished with exit code 1
Emulator: emulator: ERROR: x86 emulation currently requires hardware acceleration!

どうやら
Virtualization TechnologyというのがBIOSレベルとOSで有効にならないと、
Virtual Device(仮想スマホ)が起動しないらしい。
VTxとVTdの設定がONになっている必要があるようだ。
それは上記の参考サイトにも載っている。

hpはF10でBIOS(UEFI)に入れるのだが、いざ再起動しも起動時にhpのロゴが表示されない。
調べてみるとデュアルディスプレイにしていると起動時にロゴは表示されないとの事で、
マザーボードから出ているD-SUBにモニタ接続。
DisplayPortでデュアルにしていていたら外してD-SUBからのシングルモニタに、
PCI Expressでビデオカードからモニタ出力していたらビデオカードを外しD-SUBからのシングルモニタにする。
そうすると起動時F10でBIOS(UEFI)表示する。

設定場所は、上のメニューの「高度な→システムオプション」
・Virtualization Technology(VTx)と、
・Virtualization Technology for Directed I/O(VTd)
の2つをチェックON
保存して終了

これでBIOSレベルで設定完了

次にOSレベルで対応しているか確認。
ウィンドウズキー+Pause → 左上の コントロールパネル
プログラム→プログラムと機能→Windowsの機能の有効化または無効化
9行目のHyper-Vにチェックが入っているか確認(その下層もチェック入っていること)
もし入っていなければ、
C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\Android\Sdk\extras\intel\Hardware_Accelerated_Execution_Managerの
intelhaxm-android.exeを起動してインストールすると上記Hyper-Vが有効になる。

これでAndorid Studioの上の再生ボタンを押して仮想デバイスを選択して進むと、
仮想スマホが起動ししばらく待つと電源が入る。
何度か再生ボタン押すと仮想スマホにHello World!が表示される。

Javaを使うよりKotlinでコードを書いたほうが良いという記事を見たので、
上記のAndorid Studioインストール時にKotlinを選択してみた。
そもそもJavaをあまり理解していない不安があるけれど、
まずはサンプルコードで色々試してみて慣れてみたいと思う。

かなり昔にEclipseという開発環境でAndroidの開発を試してみたが難しすぎてすぐに挫折。
今回のチャレンジは前回より少し前に進めたらいいなと。

FUJIFILM X-M1
FUJIFILM FUJINON LENS XC16-50mmF3.5-5.6 OIS

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。