So-net無料ブログ作成

RICHO RIKENON P 50mm F2の電気接点を外してみた [カメラ修理・改造・調整]

リコーのリケノン50mmを手に入れた。
KマウントだからペンタックスのK100Dに取り付くだろうと思っていた。
いざ取り付けるとマウントの回転が途中でとまる。

調べるとPがつくレンズはマウント面に電気接点があり、それがひっかかり取り付けられないらしい。
付かないままではく、なんとしてもこのレンズで撮影したいので、接点を外す改造にチャレンジしてみる。

rikenon50_se_01.JPG
こちらがリケノン P 50mm F2です。


rikenon50_se_03.JPG
これが問題の電子接点です。これが当たる原因で回せない訳です。
押すとへこみますが、カメラに取り付け回転させると途中で引っかかります。


rikenon50_se_04.JPG
カメラ側のAFモーターの軸にひっかかるようです。

解決策として、接点のピンを押したまま固定、ピンの頭を削る、ピンを外すを検討。
ピンを外すことで進めます。
電子接点のピンを外すと穴があきますが、そのままではAFモーターの軸が穴にはまり、レンズが取れなくなるらしいです。
なのでピンを外し、穴埋めも行います。
穴埋めはつま楊枝で代用します。

では早速分解します。

rikenon50_se_02.JPG
絞りリングをPに合わせます。


rikenon50_se_05.JPG
マウント面の外周の4つのネジを外します。
内周の黒い部分の3つのネジは外さなくてよいです。


rikenon50_se_06.JPG
簡単に外れます。


rikenon50_se_07.JPG
裏面を見るとこのようにバネが掛かっています。
終始このバネが簡単に外れるようなことはありませんでしたが、取り扱いに気をつてください。


rikenon50_se_08.JPG
これが問題のピンです。簡単に外れます。


rikenon50_se_09.JPG
外した状態です。


rikenon50_se_10.JPG
ピンの形はこのようになっています。


rikenon50_se_11.JPG
次に穴を埋めます。
つま楊枝でマウント面側から強く押し込むと、プラスチックのスペーサーが出てきます。
これを取り外します。


rikenon50_se_12.JPG
黒いスペーサーを取り外し、もう一度つま楊枝を強くグイグイ押し込みます。
切断する場所を楊枝側に跡をつけます。


rikenon50_se_13.JPG
切断するラインがわかります。


rikenon50_se_14.JPG
つま楊枝の栓は長すぎてもよくないのでこのくらいに短くし、栓の形に整えます。


rikenon50_se_15.JPG
マウント面から栓を入れてみます。


rikenon50_se_16.JPG
もう少々押し込みマウント面とつら一にします。


rikenon50_se_17.JPG
マウントを反転すると栓が少し飛び出ています。
ここを瞬間接着剤で固定します。
金属と木に対応している「アロンアルファ ハイスピードEX」を使います。


rikenon50_se_18.JPG
2滴ほど付け数分待ち固定します。


rikenon50_se_19.JPG
乾いたら組み立てます。
むずかしいことはありません。端子の穴部がうまくふさがっています。


rikenon50_se_20.JPG
早速K100Dに取り付けてみましょう。
先ほどとは違いサクっとカメラに取り付けることができました。

作業は全体的に簡単にすすみました。
部品が外れて組み立てられなかったり、バネが飛んで消えたとかもありませんでした。
ゆっくり丁寧に作業を進めれば問題なく完了できました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。