So-net無料ブログ作成
カメラ修理・改造・調整 ブログトップ

ソニーα55の液晶コーティングが豪快にはがれた訳だが [カメラ修理・改造・調整]

SONYのα55のバリアングル液晶表面の反射防止コーティングが豪快にはがれました。
はがれたまでの経緯を追ってみる。

α55入手

HAKUBAとかの液晶保護シートではなく、100円ショップの携帯かコンデジ用のシートを張る

貼り付け面に少しの粘着のあるシートであった。

貼り付けてから半年ほどして、保護シートを張替えようとはがすとコーティングも一緒にくっつき剥がれた

★落胆する

結果すべてはがれた落ちた訳ではなく、外周部のみはがれ中央はコーティングが残った。

せっかくだから全部のコーティングをはがそうと思い、消毒エタノールやガムテープで全てはがそうとするが取れず。

そのままでは傷がつきそうなので、もう一度新品の100円ショップの保護シートを貼ってみる

★なんとコーティングが無いほうが液晶が見やすいじゃないか!←いまココ


ということでコーティング有無でどのように見えるか比較しましょう。
モニタには何も表示していません。
a55-coating-a1.jpg
中央部にコーティングが残っており、中央部が白くなっています。

液晶に映像を映してみましょう。
a55-coating-b1.jpg
コーティングが残っている中央部が白っぽくなって見にくくなっています。


液晶の右下角に少しだけコーティングが残っています。
つや消し黒の反射のないのがわかります。

つまりα55は保護シートを張らないほうが液晶が綺麗にみれる。
だが保護シートを貼ると逆に見にくくなる。
ということで、保護シートを貼る場合はコーティングが無いほうがよい。
という結果になります。

どのみち保護シートを貼っていなくても、コーティング力は弱そうなので、擦れて落ちてゆく仕様のようなので、
今回の結果は面白かったです。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

K100DのAFピント調整を自力でチャレンジしてみる [カメラ修理・改造・調整]

ペンタックスのレンズsmc PENTAX-FA☆80-200mm F2.8 ED IF。
撮影する前にピント確認をしてみた。
そうすると大きな後ピン(被写体の奥のほうにピントが合う)であった。
200mmのF2.8なんていうレンズはこれまで使ったことがない。
ピントがシビアになるというのをはじめて実感。

幸いなことにK100Dはエントリーモデルなのに裏メニュー(デバッグモード)でAFマイクロアジャストメント機能を搭載している。
つまりピントの前後を調整できる。
カメラ本体のAFを調整するから他のレンズにも同じ値が反映する。
今回の80-200mmで調整すると、他のレンズではピントがずれる可能性あり。

なんとしてもこの80-200mmをジャスピンにしたいのでAF調整スタート。

■K100Dのファームウェアの確認方法と、ファームウェアの置き場所

こちらのペンタックスのサイトに、バージョン確認方法とファームウェアが置いてあります。
バージョン1.02にすると裏メニューに行けます。

■ファームウェアのアップデートの方法
上記ファームウェアをダウンロードした中のREADME.TXTに記載しています。

■デバッグモードの開き方
こちらのサイトの設定方法を参考にしました。

ピント調整はデバッグモードで。撮影時はデバッグモードを解除します。

■フォーカステストチャートのダウンロード
ピント合わせを確認するピントチャートはこちらのPDFをダウンロードし18ページ目を使います。
今回は200mmでそれぞれの絞りでピント確認をしました。

■調整前のピント確認
↓F9.5 調整前
k100d-before-f9.5.jpg

↓F2.8 調整前
k100d-before-f2.8.jpg

豪快にボケています。後ピンです。
せっかくのニッパチレンズが生かしきれていません。
では調整開始です。

■ピント調整開始
AF調整メニューを開きます。
表示方法は上記サイトを参考に。
k100d-before-menu.jpg

↓キーで選択を Focus Corr.にします(AF Area Testの値は変更しません)。
中央の0[um]が現在の値です。
後ピンは値を大きくしますので→キーで値を最大の+120にします。
一度に増やせるのは120までなので、何度かOKで決定し今回は+220まで上げました。

調整後の画面はこちらです。中央の値が220になっていることを確認します。
k100d-after-menu.jpg

これでデバッグモードを終了し、通常モードに変更します。
(デバッグモードで変更したDIS→ENを、EN→DISにして通常モードにする)

■AF調整後ピント確認。
早速ピントを確認してみましょう。

↓F9.5 調整後
k100d-after-f9.5.jpg

↓F2.8 調整後
k100d-after-f2.8.jpg

■調整を終えて
意外と簡単に調整が完了できました。
ジャスピンになったズームニッパチレンズの世界を楽しんでみます。

K100Dでは簡単にできましたが、K100D Superでは同じ操作ではデバッグモードには出来ないようです。
ですがパソコンを使うと出来るという記事を発見。

ペンタックスの自由度の高さに感謝。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

RICHO RIKENON P 50mm F2を分解して清掃してみた [カメラ修理・改造・調整]

リコーRIKENON50mmを手に入れた。Pタイプ。
レンズを拭いてみたが後玉の内側(拭けない中の方)がうっすら白く曇っていた。
どうしても拭いてみたくなる衝動にかられ分解してみることにした。

※通常のリケノンP 50mmはデジタルのペンタックス一眼デジカメには取り付きません。
記事内のレンズは↓こちらの電子接点の改造を事前に行っています。
RICHO RIKENON P 50mm F2の電気接点を外してみた


rikenon50_buku_01.JPG
こちらがRICHO リケノン P 50mm F2です。


rikenon50_buku_02.JPG
前側の刻印部を外します。プラスチックプレートです。
円周部に1ヶ所くぼみがあります。
ここを精密マイナスドライバーでこじると簡単に外れます。


rikenon50_buku_03.JPG
3箇所コニシボンドG17(黄色いボンド)風のもので付いているだけでした。


rikenon50_buku_04.JPG
ネジが6本見えます。すべて外します。


rikenon50_buku_05.JPG
これで固定の黒いリングは外れるので前玉が取れる状態です。
写真の3ヶ所を持ち上げると簡単に外れます。


rikenon50_buku_06.JPG
無事に外れました。


rikenon50_buku_07.JPG
カメラに取り付けると絞りが全開になります。


rikenon50_buku_08.JPG
これでレンズ内を拭けます。

rikenon50_buku_09.JPG
前後拭けます。


レンズ清掃キットはこちらで揃います。
ニコンクリーニングキットプロ

一通り清掃しました。
目的の後玉の内側は元々白っぽかったのですが、清掃後細かな傷がついてしまいました。
拭き方が悪かったのか、ガラス面が弱いのか原因は不明です。

どうしても後玉内側が拭きたい場合は傷がついてもよいと覚悟で行ってください。
それ以外のガラス面は清掃しても傷はつきませんでした。

・・・・・・・

ここまで分解したのでさらにバラしてみます。
今後の作業は手にグリスがつくので手術でするようなゴム手袋をして作業をおすすめします。

rikenon50_buku_10.JPG
3ヶ所のネジを外します。


rikenon50_buku_11.JPG
固定金具が外れました。


rikenon50_buku_12.JPG
ピントリングが外れ銀色の部品を時計回りに回します。
通常のネジとは逆に切っていますので、外すのは逆回転です。


rikenon50_buku_13.JPG
部品が外れました。


rikenon50_buku_14.JPG
さらに外します。簡単にここまでばらせます。


rikenon50_buku_15.JPG
この部をまわすとさらにレンズが外れるようです。
強く回しても動かなかったのでこのままにしておきます。

次に組み立てます。

rikenon50_buku_20.JPG
部品をそろえます。


rikenon50_buku_21.JPG
この部品を用意します。


rikenon50_buku_22.JPG
黒と銀色部の隙間を1.5mmほどにします。


rikenon50_buku_23.JPG
この部品を用意します。左の部品の金色の金具2つと、右の部品の溝がはまります。


rikenon50_buku_24.JPG
このように組み込みます。
この状態にするには、右側の黒い部と、中央のシルバー部を同時にねじ込む必要があります。
何度か組むうちにわかってきますのでチャレンジしてください。

rikenon50_buku_25.JPG
閉めこむと銀色部品からaの黒部が飛び出します。
bの銀と黒の隙間が少し空いていて正解です。

この写真ではaの出っ張り量が大きく、bの隙間が少ないですが、
同じぐらいの間隔がベストのようです。
bの隙間が少ないとピントリングの∞位置付近が少々シブくなるようです。

rikenon50_buku_26.JPG
この部品を用意します。


rikenon50_buku_27.JPG
このように組み込みます。


rikenon50_buku_28.JPG

rikenon50_buku_29.JPG
マウント面を組み込みます。とても簡単です。


rikenon50_buku_30.JPG
ピントリングを取り付けます。
取り付け前に、銀色部品を反時計回りいっぱいに回しておきます。


rikenon50_buku_31.JPG
ピントリングを∞マークに合わせます。


rikenon50_buku_32.JPG
うまく取り付け出来ます。


rikenon50_buku_33.JPG

rikenon50_buku_34.JPG
円弧の金具を取り付けます。


rikenon50_buku_35.JPG
この部品を。


rikenon50_buku_36.JPG
取り付けます。


rikenon50_buku_37.JPG
6本のネジで止めます。


rikenon50_buku_38.JPG
最後に刻印プレートですが。


rikenon50_buku_03.JPG
裏面の3ヶ所にコニシボンドG17風なものをほんの少量付けて固定します。


rikenon50_buku_39.JPG
これで無事にも度に戻りました。

後玉内の傷は気になりますが、同じレンズがまた手に入ったら後玉だけ交換とか楽しそうです。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

RICHO RIKENON P 50mm F2の電気接点を外してみた [カメラ修理・改造・調整]

リコーのリケノン50mmを手に入れた。
KマウントだからペンタックスのK100Dに取り付くだろうと思っていた。
いざ取り付けるとマウントの回転が途中でとまる。

調べるとPがつくレンズはマウント面に電気接点があり、それがひっかかり取り付けられないらしい。
付かないままではく、なんとしてもこのレンズで撮影したいので、接点を外す改造にチャレンジしてみる。

rikenon50_se_01.JPG
こちらがリケノン P 50mm F2です。


rikenon50_se_03.JPG
これが問題の電子接点です。これが当たる原因で回せない訳です。
押すとへこみますが、カメラに取り付け回転させると途中で引っかかります。


rikenon50_se_04.JPG
カメラ側のAFモーターの軸にひっかかるようです。

解決策として、接点のピンを押したまま固定、ピンの頭を削る、ピンを外すを検討。
ピンを外すことで進めます。
電子接点のピンを外すと穴があきますが、そのままではAFモーターの軸が穴にはまり、レンズが取れなくなるらしいです。
なのでピンを外し、穴埋めも行います。
穴埋めはつま楊枝で代用します。

では早速分解します。

rikenon50_se_02.JPG
絞りリングをPに合わせます。


rikenon50_se_05.JPG
マウント面の外周の4つのネジを外します。
内周の黒い部分の3つのネジは外さなくてよいです。


rikenon50_se_06.JPG
簡単に外れます。


rikenon50_se_07.JPG
裏面を見るとこのようにバネが掛かっています。
終始このバネが簡単に外れるようなことはありませんでしたが、取り扱いに気をつてください。


rikenon50_se_08.JPG
これが問題のピンです。簡単に外れます。


rikenon50_se_09.JPG
外した状態です。


rikenon50_se_10.JPG
ピンの形はこのようになっています。


rikenon50_se_11.JPG
次に穴を埋めます。
つま楊枝でマウント面側から強く押し込むと、プラスチックのスペーサーが出てきます。
これを取り外します。


rikenon50_se_12.JPG
黒いスペーサーを取り外し、もう一度つま楊枝を強くグイグイ押し込みます。
切断する場所を楊枝側に跡をつけます。


rikenon50_se_13.JPG
切断するラインがわかります。


rikenon50_se_14.JPG
つま楊枝の栓は長すぎてもよくないのでこのくらいに短くし、栓の形に整えます。


rikenon50_se_15.JPG
マウント面から栓を入れてみます。


rikenon50_se_16.JPG
もう少々押し込みマウント面とつら一にします。


rikenon50_se_17.JPG
マウントを反転すると栓が少し飛び出ています。
ここを瞬間接着剤で固定します。
金属と木に対応している「アロンアルファ ハイスピードEX」を使います。


rikenon50_se_18.JPG
2滴ほど付け数分待ち固定します。


rikenon50_se_19.JPG
乾いたら組み立てます。
むずかしいことはありません。端子の穴部がうまくふさがっています。


rikenon50_se_20.JPG
早速K100Dに取り付けてみましょう。
先ほどとは違いサクっとカメラに取り付けることができました。

作業は全体的に簡単にすすみました。
部品が外れて組み立てられなかったり、バネが飛んで消えたとかもありませんでした。
ゆっくり丁寧に作業を進めれば問題なく完了できました。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

キヤノンEF-S 18-55mmのエラー99を直してみた [カメラ修理・改造・調整]

知り合いよりEOS Kiss DigitalとEF-S18-55mmでエラー99発生の連絡。
自分もKissDigitalと同じレンズを持っているので持って駆けつける。

色々交換してみたところ、18-55mmに原因があるのがわかった。
正常な18-55mmを置いて、不具合のある18-55mmを引き取った。

実は18-55mmは2本持っていて、1本はAFの動作が鈍く不調だった。
「基盤交換したらError99は直るのでは?」

早速修理開始してみた。
※同様の修理をする方がいましたら自己責任でお願いします。

こちらが今回のレンズです。
Canon EF-S 18-55/3.5-5.6 USM
canon-18-55-01.jpg


まずは分解です。
マウント面の4つネジと端子側面の2つネジを外すと、カバーが取れます。
canon-18-55-02.jpg


フレキシブルケーブルは黒い端子を水平方向に引くとロックが解除され、ケーブルを外せます。
canon-18-55-04.jpg


分解するとこのような部品に分かれます。
間に2枚のスペーサーがありますが、位相があるので組み立て時は容易でした。
なんとなく裏表があるので、気をつけてください(ザラザラかツルツルの違い)。
canon-18-55-03.jpg


無事に基盤を交換しました。
いざカメラに取り付けてみましたが、エラー99が発生します。
原因は基盤ではないようです。

気になる点。
・エラー99が出るときはシャッター音がおかしい
・ネットで同様の現象を調べると、エラー99発生レンズを修理すると絞り羽根を交換を行ったの情報。

たしかに絞り開放で撮るとエラー発生せず。
異音は絞りがうまく動作していない音かもしれない。
ということで原因は絞りと確信。

ということで今度はAFユニットの交換で、絞りの大丈夫レンズを復活させます。
AFモーター部を外します。
左右の2本のネジで外れます。
canon-18-55-05.jpg


無事に外れました。
外すときAF-MF切り替えスイッチ部の所が引っかかっていますが、強く引くと外れます。
canon-18-55-06.jpg


ユニット部を交換し、組み立てます。
AFのシャフトが楕円状になっているので組むときは位相を合わせます。
MFにしてピントリングを回し、シャフトを回せば組み込めます。
(写真はトーンカーブで色補正したので少々変です)
canon-18-55-07.jpg


AF-MFスイッチ部も爪を入れれば大丈夫です。
canon-18-55-08.jpg


そして組み立て完了。
今度は絞り優先モードで撮っても、ズームを広角望遠と変えてもerror99は出ません。
直りました!
canon-18-55-01.jpg


残った、AF×、絞り×、基盤○な18-55は時間があるときにでもばらして直してみようかと考え中。
まずはレンズニコイチで直りました。
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Canon EOS Kiss Digital Xのシャッターボタン修理をしてみた [カメラ修理・改造・調整]

久しぶりに実験シリーズです。

いつも使っているKiss Digital Xのシャッターが先月より切れなくなっていた。
というか軽く押すと無反応、だが強く押すとレリーズが切れる。
でも強く押すと被写体がぶれる。

使い始めてからほぼ3年。壊れるには早すぎる。
「あぁもうKDXは終わりか」と思いつつ、保証もないので修理に出せず、ヤフオクで売ってしまうか。
でもどうせなら分解掃除にチャレンジを決意。

KDXが壊れてしまうともうひとつのブログのNikonD40とCanon EOS Kiss Digital Xで北海道の風景ブログのタイトルをなおさなければならない。
ぜひとも直す覚悟で。

※次からの手順はメーカー保証外の作業です。同様の修理される方がいれば自己責任でお願いします。


■用意したもの
・精密ドライバーセット
・10倍ルーペ
・消毒エタノール
・綿棒
・ピンセット
・作図するコンパス(支点の針の方を使います)。太めの針でOKだと思います。
・薄手の手袋(外科手術とかでよく見る薄手の手袋です)


■参考サイト
途中までの分解の参考サイトはこちらです。ありがとうございました。
http://homepage2.nifty.com/galaxystar/eoskissdx.htm


■修理開始
kdx_bunkai_18.JPG
EOS Kiss Digital Xです。

kdx_bunkai_01.JPG
上記の分解サイトのとおりに進むとここまでたどり着きます。
各箇所ネジの長さが違うので小袋などに入れてメモをおすすめします。
底部のネジの長さがばらばらです。側面も長さが違うようです。
底面の外装は三脚ネジ部を乗り越えるように外すと簡単に分解できます。

kdx_bunkai_02.JPG
シャッターボタン部底の2つのネジを外します。

kdx_bunkai_03.JPG
モードダイヤル下部の3つのネジを外します。

kdx_bunkai_04.JPG
そうするとシャッターボタンユニットが外れます。
シャッターボタン部の銀色の四角いカバーを外します。
作図コンパスの針のようなものでカバーの爪を外します。
コツは、4ヶ所爪があります。片側2ヶ所を外せばよいのですが、ダイヤル側の爪がなかなか外しにくいので、
1ヶ所外し、あとはカバーをこじるようにすると外れました。
爪は折れはしませんでしたが、外す前にルーペで構造を把握してから行うことをおすすめします。

kdx_bunkai_05.JPG
そうすると丸い板バネが見えます。
ひっくり返すと板バネは外れます。

kdx_bunkai_06.JPG
これでやっとシャッターボタン端子部が見えます。
板バネと基盤側の端子をエタノールでよくふきます。
大きな汚れはありませんでした。

kdx_bunkai_10.JPG
清掃が終わったので組み立てです。
シャッターボタンユニットを組み込み→モードダイヤル下部固定→シャッターボタンユニット固定の順です。

kdx_bunkai_11.JPG
上面カバーを取り付けます。
黄色い端子と赤い端子を接続します。
位相があるので簡単です。

kdx_bunkai_12.JPG
上面カバー固定です。
フレキシブルケーブル取り付けです。
写真一番左と右側(21Bと書いている方)の2つを固定します。
ケーブルを差し、茶色いロック部分が90度起き上がっているのでパタンと倒し回転するとロックします。
左から2番目ははずしていませんが、外れそうになっていたら再ロックします。

kdx_bunkai_13.JPG
背面カバーを取り付けます。
これはフレキシブルケーブルを下側から入れます。
ロックが上側にあるので注意です。起き上がっている茶色いロックを90度倒して固定です。

kdx_bunkai_14.JPG
だいぶ組みあがってきました。

kdx_bunkai_15-b.jpg
前面カバーを取り付けます。
三脚ネジを越すように組むと上手く行きます。

kdx_bunkai_16.JPG
側面の端子カバーを取り付けます。

kdx_bunkai_17.JPG
写真の内蔵バッテリも組み込みます。
写真にはないですが、バッテリカバーを組み込みます。

kdx_bunkai_18.JPG
組み立て完了です。

■撮影テスト
無事軽くシャッターを切ってもレリーズできました。
修理完了です。故障だとあきらめていましたがまだまだ使えそうです。
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
カメラ修理・改造・調整 ブログトップ